Q&A
サーチ1
サーチ2
採用活動Q&A

A. ターゲット層を明確にした上で間口を広げましょう。初めから条件を厳しくしすぎると、本来のターゲット層に含まれている方を逃してしまうかもしれません。また同業他社に比べての貴社の「強み」「特徴」を明確にしましょう。単なる待遇面に惹かれたのではなく、こんな会社で働きたい!と考えて応募してくる求職者は、入社後も活躍してくれるはずです。

A. 迅速な対応を心がけ、特に採用したい方にはすぐに面接日程を伝えましょう。採用担当者の外勤が多く即時対応できない場合は、内勤スタッフに一次対応を任せましょう。良い人材は他の会社も採用したがっていることが多く、他社で選考が進んでしまえば辞退される可能性も高くなります。

A. 職種やスキルにもよるので一概には言えません。職業紹介では年収の30~35%を一人当たりのコストですが、求人広告ではその半分程度が目安です(プラン・媒体によっても差は生じます)。当社にご相談いただければご予算内で最適のプランを提案させていただきます。

A. 無料媒体は利用する会社が広告を作ることが多いですが、有料媒体であれば採用のプロフェッショナルに広告制作を任せられます。応募効果は広告内容に大きく左右されますので、無料媒体で十分な効果が得られていないという場合はぜひ有料媒体もご検討ください。

A. 短期離職の理由になりやすいのは就業後に感じるギャップです。求人広告や面接の段階で、求職者に誤解を招く情報を与えていないかどうか、気をつけましょう。また採用した方がスキル不足で業務をこなせないなど、辛さを感じている可能性もあります。入社したスタッフを指導する担当者とターゲットを再確認することでミスマッチを防ぐことができます。

A. 求める職務経験や資格、語学力をお持ちの方が転職サイト上で何人動いているのか、弊社でお調べすることができます。その上でターゲット人数が50人以下ですと、採用は難しいと言わざるをえないでしょう。逆にターゲットが数百人規模ならば十分に採用成功する事例です。具体的に数字を出してほしいというご相談も受け付けております。

A. 給与や休み、待遇等のハードデータをまず固めてください。その上で採用ターゲット、採用予定人数、いつまでに採用したいかも情報があるとベストです。給与は調整可能なので相場を知りたい等の場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

A. 若年層の求職者の大半がスマートフォン経由で転職情報を探していますので、情報を届けやすいインターネット媒体を使うのが大切です。また現在の若年層は、ワーク・ライフ・バランスを重視します。休日休暇や残業時間などの改善を図ることで、応募数や定着率を上げることができます。

A. ターゲットに合う人材が応募して来ない時は、1)その人材がそもそも転職市場にいない、2)求めているスキルに比べて給与が安すぎる、3)原稿の打ち出し方がずれている、等の理由が考えられます。同職種同ターゲットの求人原稿を閲覧し、給与相場や全体的な雰囲気を確認してみると改善点が発見できるかもしれません。